<九山情報06>初戦敗退

2006年4月30日13:30より、かごしま健康の森公園グラウンドにて行われた、対熊本大学戦は、5対7で負けました。フォワード力で上回る久留米は、終始押してましたが、その分ミスも多く、ペナルティーで押し返されていました。前半は両者0点で終わり、後半を迎え18分で久留米がラインアウトからスタンドの松原がサイドを抜けてトライを決めました。これで緊張が解け動きがよくなったのですが、やはり倒れ込み、オバーザトップなどのペナルティーが続き、残り2分のところで、敵にトライされ、コンバージョンゴールも決まり、5対7で試合を終えました。

試合後、私は伊藤主将を促して、全員で熊本大学側に行き、私から昨年の不祥事を謝罪し、今後も熊大戦や西医体なのでお互い切磋琢磨し、よい関係を続けていきたい旨を伝えました。熊大の主将も我々に理解を示してくれ、お互い良好な友好関係を保ち切磋琢磨していきましょうと答えて下さり、握手を交わしました。

本日の試合には、平野芳昭先生、松山公明先生が遠路応援に来て下さいました。どうもありがとうございました。

石松
[PR]
by kiss4u | 2006-04-30 21:00 | 試合結果
<< <西医体情報06>日程発表 Team2006 >>