<西医体情報07>その4 初戦突破

8月2日午前9時、名色総合グラウンドで香川大学相手に今年の西医体は始まった。アップから「ブンブン」声を上げ調子に乗る久留米は、開始早々ほぼノーホイッスルでトライを決めた。その後も、FWからの早い球出しでBK展開、強いFWからのサイド攻撃など、生き生きと攻め続け合計3トライをあげ前半を終了。後半も攻撃の手を緩めることなく更に3トライを加え、PKでの得点も決め、気が付くと合計6トライ、1PKで39-0で久々に西医体での勝利を決めた。

九山とその後の御井学舎戦での一方的な負け以降、部員達はこの3ヶ月コーチ陣のもと必死に練習を重ねました。練習量も去ることながら、ラグビーに対する意識の向上が著しかったと思います。これまで闇雲に練習したり、とにかくボールのある所へ走ればいいという無駄な走り、無駄なプレーから、各人が各局面において何をすれば良いのかということが分かってきたのが大きいと思います。その成果が香川戦で炸裂したのだと思います。久しぶりの西医体での1勝。部員達の嬉しそうな顔を見てやって下さい。

a0005903_801088.jpg

[PR]
by kiss4u | 2007-08-06 08:00 | 試合結果
<< <西医体情報07>その5 神戸... <西医体情報07>その3 いよ... >>